第1章 基本ルール


第1章 基本ルール
 

今日は、バックギャモンがまったくはじめて!という人のための導入、さらには

基本的なルールを紹介していくのです!それでは、

以下の動画をご覧になってね。「バックギャモン入門講座 第1回」

 


見れない時はyoutube版を見てね

 

 

まとめ

いかがだったでしょうかー。大体のルールは掴んで頂けたかな?

それでは、動画で覚えたルールをまとめて、おさらいしていきましょう!
 

1.バックギャモンの勝利条件

バックギャモンは、二人で対戦するボードゲームであり、双六の一種です。

@サイコロを2つ降り A15コの中から好きな駒を選んで動かし Bゴールを目指す そんなゲーム。

そして、相手より先に、自分の15コの駒全てをゴールさせれば勝ちになります

 

 

2.初期配置

 

これがバックギャモンで使用するボードです。

この画像のような駒の並べ方が初期配置です。必ずこの状態からゲームはスタートします。

 

 

3.先手の決め方

お互いサイコロを1コずつ振って、大きい目を出した方からスタートです。同じ目だったら降りなおし。

先手は最初はサイコロを振らず、既に出ている2つの目をそのまま利用します。

 

 

4.コマの動かし方

駒の動かす方向↓

 

この方向とサイコロの目に従ってコマを動かしていきます。

例えば目が「4」「2」なら、合わせて「6」と考えるのではなく、

どれかの駒を「4」動かし、さらにどれかの駒を「2」動かす。バラバラに動かせるわけです!

(結果的に一つのコマが6動いても良いけど、その時もあくまで「よん、に」または「に、よん」とバラバラに動かす。)

 

 

 5.三つの特別ルール


 @ ゾロ目は4回動かせる
 

A 敵のブロックのある場所にはコマを動かせない

ブロックというのは、コマが2個以上ある場所のことです。
 

B 敵のぼっちの駒は取って、振り出しに戻せる

コマを取られた場合、そのコマを場内に復帰させてからでないと、他のコマを一切動かせない。

コマが復帰することが不可能な場合、一回休みとなる。
 

※ぼっちのコマを専門用語ではブロットといいます。ブロックと一字違いやね。

※そうやって一回休みになることを、専門用語ではダンスと言います。踊っちゃうわけです。

 

 

 6.どこを目指すの?

まずは第1ゴール(最前線6マス)の中に全てのコマを入れることを目指す。

全部入ったら、次はその奥の最終ゴールへとコマを上げることができる。

最終ゴールへの上げ方については次回の動画で!


※「第一ゴール」ってのは僕が勝手に名づけただけです。正式にはインナーっていいます。

※第1ゴールにコマを入れることをベアリングイン(ベアイン)、最終ゴールにコマを上げることをベアリングオフ(ベアオフ

といいます。今覚えなくて良いけどね。

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system